遺産相続について思うこと

家を出た者は、遺産相続のことを考えてはいないが、
家の跡を継いだ者はやはりそれを考えないわけにはいかないようです。

家を出た者が家に戻ってくると、遺産を取られるのではないかと心配になるようです。

それを言われると、いくら実家であっても、なかなか帰りにくいものです。


親は実家を継いだ子も、外に出た子も平等に可愛いので、いつでも帰ってきてほしいと願っています。

しかし、家を継いだ兄弟は、外に出た兄弟にはあまり帰ってきてほしくないようです。

私は家を継ぐことがないので、家を継ぐ人の気持ちがわかりませんが、
逆の立場になって考えてみると、やはり乗っ取られるような気持ちがするものなのでしょうか。

いくら身内とは言え、兄弟は他人の始まりともいいます。

できれば余計なものを抱え込みたくないと思う今日この頃です。