目からウロコのアドバイス

卓球の試合では「好球必打」が金科玉条のようにとらえられているところがあります。
打てそうなボールが来たら、とにかく攻撃を仕掛けるのがよしとされているのです。

逆に打てそうなボールなのに攻撃しないことを、悪くとらえる向きがあります。
実際私も、攻撃をしない、あるいはできないでコーチに怒られたことがしょっちゅうありました。

とはいえ実際の試合を見ていると、やみくもに攻撃を仕掛けてはミスを重ねて、自滅する人がたくさんいます。
いくら好球必打とはいえ、これは好ましくない試合の進め方といえます。


他方で、特に初級者に多いのですが、無理に攻撃を仕掛けず、ひたすらつないで得点を重ねる人もいます。
攻撃しないのをとかく悪くとらえる向きはあっても、ミスをしないでボールを確実に相手のコートに返すのは、それなりに大変なことです。
私は、このような試合の進め方があってもよいと思っています。

そんなところで先日、卓球の講習会に行って、日本のトップクラスの選手の方からご指導をいただく機会がありました。

講習会が終わったあと、その選手の方に試合の進め方について質問したところ、こんなアドバイスをいただいたのです。

「試合では打てなくてもいい。チャンスボールが来たらとにかく打て、というのは小中学生までですよ」

これを聞いて
「トップクラスの選手でもそのように考えるのか。自分は間違っていなかった」
と安心するとともに、目からウロコが落ちるような思いがしました。