年賀状を見ていろいろ思い出しました

年賀状には、高校時代の同級生や同期生の人たちのものも混じっています。

あのころ一緒に高校生活を送っていた人たちも、その後いろいろな人生を歩んだようです。

同級生で息子さんがうちの息子と同じ年だという人からの年賀状では、
息子さんはまだバイトをしていて正社員への道は遠いと書かれていました。


息子さんはフリーターをされているようですが、1人息子さんだし、いろいろご心配だろうな、と思いました。

とても真面目で明るい同級生だったですが、ずっとお元気でいてほしいです。

それから、ずっと独身を通した同期の女性からも年賀状が来ていました。

彼女とは歴史の研究会を一緒にやっていて、彼女はリーダーでした。

国家公務員になったのだけれども、体を壊して退職し、その後ずっと独身のままでお母さんと一緒に暮らしているようです。

卒業以来、40年会っていないのですが、どうしているのでしょうか。