テレビを見ていて得た有力な情報

空き巣に対する注意を促すテレビ番組を見ていて、
11月と12月に空き巣が多くなるという情報を見て、驚きを感じました。

季節によって、空き巣被害が増えることもあるのだなと、勉強になりました。
そして、いくら頑丈な鍵をいくつつけても、空き巣の犯人は身近に居ることもあり、
職場などで鍵を無造作に机に置いておくと、鍵の写真を撮られて簡単に合鍵を作られてしまうこともあるそうです。

とても怖いなと思いました。自分の身近には、危険な人物はいないだろうと、安心していると、
こうした犯罪に巻き込まれてしまうこともあるのだなと、改めてこうした情報を踏まえて、注意しようと思います。

そしてなにより怖いのは、空き巣よりも在宅している家に、犯人が来るという犯罪も増えているそうです。
自分の家の防犯は、完璧だと思わずに、もう少し注意をして、
犯罪に合わないように、常に身を守る術は考えて、対策を練りたいと強く思いました。