内面的な部分も重要!痩身エステで注意したい事

痩身エステは、食生活や生活面を含んだ内面的な部分の改善も行いながら行うダイエットです。方法はさまざまな方法がありますが、今回は、食事や水分補給など瘦身エステをする際に気を付けたいことについてまとめてみました。

痩身エステと食事について

痩身エステとした際に「施術後2時間は食事をとらないで下さいなどと言われることがあります。これは、痩身エステの直後にカロリーの高い食べ物を食べてしまうと、そのカロリーがいつも以上に体に吸収されてしまい、脂肪を増やしてしまうからです。

痩身エステでは、新陳代謝を向上させたりデトックス効果のある施術が行われたりするので、お腹がすいてしまうことはありますが、ここでカロリーを入れてしまっては、意味がないどころか逆効果になってしまうのです。また、施術後は体が軽い疲労状態に陥るので、この状態で食事をするのは食べ物を消化することも負担になりかねません。

だるさなどの原因にもなります。施術後最初に食べる食事は、出来るだけ消化の良いものにしましょう。フルーツなど、ビタミンが沢山とれるものもおすすめです。糖分の多いもの(清涼飲料水やお菓子など)やお酒、コーヒーなどは避けた方がいいでしょう。

水分を取ることは大切ですので、糖分の多くない飲み物は意識してとるようにします。施術後は体から水分が失われており、脱水状態になりやすいです。もちろん、施術後すぐだけに注意すれば、その後は暴飲暴食しても大丈夫というわけではありません。継続してバランスの良い食事を心がけましょう。

痩身エステの後は水分補給を

痩身エステを受けた後二時間くらいは飲食を控えるようにエステティシャンからアドバイスを受けることもありますが何故いけないのdしょうか。痩身エステを受けた後は体温が上がっていますし代謝も上がっていますので食事をすると栄養分を吸収しがちなのです。

ですので通常よりも太りやすくなります。しかし水分は取ってください。というのも痩身エステを受けた時には大量に汗をかいていますのでかなり体の中の水分が抜けている状態になります。もしも飲まなければ脱水症状になる事もあるのです。しかし体を冷やさないためにできるだけ冷たい水を飲まないようにしましょう。

そしてカロリーの高い飲み物も避けてください。水やカロリーの少ないスポーツドリンクを常温で飲むのがおすすめです。しっかと水を飲むことによって体の中の毒素を外に出すことができますしデトックスにもなります。よく水を飲むと太ると言われていますが実際にはこれで体脂肪質が上がる事は有りません。

ただ一時的に水の分体重が増えるだけです。それもすぐに尿として出ますので実際には全く影響がないのです。水を我慢していますと体に不具合が出てしまうので我慢してはいけません。もしも水さえも飲むことを制限するようなエステサロンなら避けたほうがいいでしょう。

痩身エステの注意について

痩身エステとは、食生活や生活面を含んだ内面的な部分の改善も行いながら痩身つまりダイエットを行うエステになります。痩身エステは、老廃物と水分が結合してできるセルライトを改善したり、基礎代謝を向上させたりするために、エステティシャンによるリンパマッサージや最新機器による施術などが行われます。

痩身エステの方法は様々なものがあり、気になる部分を集中的に痩せさせたり、低周波による筋肉運動を行うもの、血行を良くして発汗を促すものなどがあります。また、エステティシャンとカウンセリングを行うことによって自分に合ったダイエットメニューを組むことができるのです。

しかし、これらの効果は日常生活に注意することによって効果を発揮します。普段から運動を心掛ける、バランスの良い食生活をする、質の良い睡眠をしっかりとるなどの自分でできる努力を行うことによって痩せることができるようになります。

一つの食品を食べ続けるダイエットなどを行っていると、栄養が偏り体の不調へと繋がったり、寝る前に食べてしまうと胃腸に負担を掛け太りやすくなるなどがあります。痩身エステとは、あくまで「痩せやすい身体を作る」ということを目的としています。日頃の努力と痩身エステを続けることで、綺麗に痩せることができるのです。

ダイエットエステと法律について

ダイエットエステを解約する場合「条件を満たせばクーリングオフが可能」と法律で定められていますので、「断りきれずに契約したけど、白紙に戻したい」という場合は早めに申し出なければなりません。クーリングオフの条件は契約日から8日以内である事、1ヶ月以上の契約を結んでいる事、契約の残額が5万円以上残っている事です。

なお、エステサロンで買わされたスキンケア製品などの消耗品は、未開封なら返金に応じる所もありますが、開封した場合は購入とみなされ、その分のお金は戻りません。ダイエットエステを契約する際に大切なのは「解約に関する知識を持っておく」という事です。

コースが終了するまで継続するつもりでいても、何らかの事情により解約を決断するケースはあります。あまり知識がない状態で手続きをすると、サロン側に有耶無耶にされる事もありますので注意が必要です。

クーリングオフは法律で定められていますが、もし条件を満たさずに中途解約となる場合、「エステ側とお客様の間で交わした契約書に基づく」となっている場合が多いので、行政書士など法律に詳しい方を通して手続きを行うと良いです。ただ、女性専用のサロンの場合、行政書士が男性だと「入室禁止」となってしまう場合もあります。